鳥取県境港市「ゲゲゲの妖怪楽園」飲むのがもったいない!かわいい妖怪ラテはこちら。写真スポットも満載

青空に鬼太郎たちの顔が映えるこちらは、「水木しげる」ロードの途中にあります、その名も「ゲゲゲの妖怪楽園」。猫娘さんの楽しそうな顔!!

こちらは水木しげるロードと同じ記事にするにはあまりにももったいない!ということで、独立した記事にしました。

入場無料で入れて、散策の休憩や写真撮影にももってこいのなんとものどかな妖怪たちの楽園です。この気張らない感じ、ほんと心地良いわ~、和む。

飲んでみたかった妖怪ラテもここの茶屋にあるし、水木しげるロードを巡るならぜひ立ち寄って頂きたいスポットです!

スポンサーリンク

完成度の高い妖怪のジオラマ!鬼太郎の家もあるよ

背の高い、舞台俳優みたいな呼び込みのおじさんに勧められて路地を曲がった先に見えてくるのがこの看板。ちなみに例のようすのいい呼び込みのおじさんは園長さんだったみたい。

この看板の完成度!!水木しげるロードの魅力はディズニー並みの完成度の高さにありますね。パチもん感がまったくないもんね。

看板のとなりにあるぬりかべもいい~!!これ原寸大かなぁ?ちょっと小さいのかな?この大きさ、子どもたちには十分大きいよ。ぬりかべは福岡の妖怪なんだってね。

こんな手作り感満載の道を通って行きます。なんかちょっと気合いの入った文化祭っぽくていいね、良い具合にチープです。こういうの好き、気が楽です。

小道の先にはこんな広場になっています。

昔懐かしい射撃やらパチンコの屋台なんかもあるし、なにより休憩出来るテーブルがあるのが嬉しい。水木しげるロードは意外と休める場所が少ないんです。

こちらは「鬼太郎の家」。なんと120センチ以下のお子さんは中に入れます!!これは嬉しい。さっそく鬼太郎のお家におじゃまします。う~ん、本物に寄せてきてるねぇ。

念願の鬼太郎ハウスに入ることが出来て大喜び。狭い空間ってなんかテンションあがるんだよねぇ。うちの子たちもこの中でひとしきり遊びました。子どものイマジネーションってステキ。

手前にあるねずみ男や鬼太郎、猫娘の出来映えも素晴らしく、ここで記念撮影をする人も沢山おられましたよ。

そしてちびっこに大人気だったのが、こちらの一反木綿。滑り台みたいにして遊んでいました。本当に一反木綿の滑り台があったらめちゃくちゃ楽しいだろうね。

こちらも写真スポットとして大人気。大きい骸骨がリアル…。なんか、違うかも知れないけど『平成狸合戦ぽんぽこ』の妖怪大作戦を思い出しました。

でもあの映画水木先生監修で入ってるし、ていうか本人役で出てたし、たぶん関係あると思う。そういうことにしておこう。ちなみにわし的泣ける映画第2位がぽんぽこです。

念願の妖怪ラテ♪冷たいのもありますよ

お昼もまだだったし、ちょこっと休憩に寄ります。ここで飲みたい(食べたい?)ものがあるんです~。悪魔くんの表情がいいね。

建物の中は、手前に「妖怪茶屋」という軽食のお店、奥がおみやげ売り場になっていました。ここで妖怪のおでん缶とか売られているらしい。おみやげコーナーも充実していました。

わしのお目当てはこれ!!「妖怪ラテ」を飲んでみたかったんです、うふ。

ホットだけかと思ったらアイスもありました。喉が渇いていたので妖怪ラテフローズンのストロベリーを注文。けっこうストロベリー味って好き。

他にもハンバーガーとか気になったんだけど、カニのクリーム系だったんですよね…。

わしグラコロとかクリーム系のハンバーガーって苦手なのよ、残念だわ。でもカニだからクリームにしないとねぇ…。

妖怪茶屋にはイートインスペースもあります。ちょっと薄暗いけど…歩き疲れたのでこれくらいがちょうど良かったです。小さいTVで鬼太郎のアニメもやっていました。

壁には芸能人とか色んな人のサインがいっぱいー!!石ちゃんとか泰基博さんとか森山未來さんとか来ててちょっとテンション上がるっ特にシュッとしてる森山未來!

クラムボンのサインもあったんだけど、日付が2050年って書いてあってクラムボン大丈夫か…とちょっと心配になりました(笑)多分大丈夫でしょう、クラムボン好きです。

天井は一反木綿がたくさん~。妖怪の中でも群を抜いて人気な気がするね、一反木綿。

ラテもつい一反木綿にしてしまった(笑)。なんかかわいいしスタイリッシュなんですよね、一反木綿。

妖怪ラテフローズン(470円)、カルピス(230円)、フライドポテト(300円)。

妖怪ラテアイス、けっこう量がありそう。イチゴのつぶつぶ感も美味しそうです。

かわいいなぁ、一反木綿。これ崩すのもったいないなぁ。

始めはそうっとそうっと、一反木綿を崩さないように飲んでいたんですけどね…。

まぁ…こうなるよね(悲)。イチゴの味がとっても爽やかで、すごくおいしかったです!!子どもたちを争奪戦を繰り広げてしまった大人げない三十路…また太ったし。

でも生のイチゴは使ってないんだって。イチゴ潰してるのかと思ったよー、それくらいフレッシュなお味が喉に心地よかったなぁ。

「ゲゲゲの妖怪楽園」は妖怪ラテも美味しかったし、広場もあるし無料で入れてお手洗いも借りられます。水木しげる記念館には行かなかったけど(有料だから)、こちらには2回もお邪魔しました。

水木しげるロードの休憩に、そして写真撮影のベストスポットとしてぜひとも訪ねてみてほしいです。小さいお子さんはきっと喜ぶと思うわ、家があるし。あと石ちゃんのサインもかわいかったしね。

ゲゲゲの妖怪楽園

  • 住所 鳥取県境港市栄町138
  • 電話 0859-44-2889
  • 営業時間 9:30~18:00
  • 定休日 無休

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけたら嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけたら嬉しいです