浅口市鴨方町「麺屋晴レ」めずらし美味しい!笠岡ラーメンの”塩”が味わえる人気ラーメン店

美星町の七夕帰り、どしゃ降りにあってもうクタクタ…。

ということで、浅口市鴨方町の「麺屋晴レ」さんでちょっと早い夕飯にしました。疲れたときはササッと麺類に限るよね。

「麺屋晴レ」さんは笠岡ラーメンのお店なのですが、なんと珍しい笠岡ラーメンの「塩」が味わえるんです(笠岡ラーメンはほとんど醤油)。

塩笠岡ラーメン、塩ラーメン好きとしては前から気になってたんですよね~。楽しみ!!

スポンサーリンク

「麺屋晴レ」の店内。メニューは単純明快!!

こちらが「麺屋晴レ」の店内。カウンターの奥にテーブル席が3卓ほど。とってもスタンダードな、まさに「町のラーメン屋さん」です。

カウンターもシンプル~。お昼はこの店内が満席になる人気店なんだそうです。人気店は夜が穴場かもね。

メニューも超シンプル!!本当にラーメン一本で勝負って感じで潔いです。

こちらの店主さんは、笠岡ラーメンの名店「一久」で修行されたそうです。んで、その一久はこれまた笠岡の有名店「さかもと」の流れを汲むらしく…。

ふ~む、ここまで来たなら一久もさかもとも食べてみたくなるなぁ。奥がズブズブ~と深いわ、笠岡ラーメン沼…。

とりあえず、中華そばの醤油大盛り(700円)と小(400円)中華そばの塩並み(600円)、おむすび(100円)を注文。おむすびは日替わりで、おかかor昆布でした。

醤油の味が濃いめ、スタンダードな笠岡ラーメン

こちらが中華そばの醤油大盛り(700円)。

具はかしわ(親鶏)のチャーシュー、メンマ、太めの輪切りのネギ。表面に浮いた鶏の脂がキレイですね~。

やや醤油の味が濃いめの、とってもスタンダードな笠岡ラーメン。こちらは鶏の出汁が全面に出ています。でもしつこくなくて後口スッキリ。

麺もしっかりした硬めの細麺。この麺がすごく美味しい!!

こちらは中華そばの小サイズ(400円)。ちょっとお椀に麺を取り分けてますし、ジュースも半分くらい飲んでますが…。

小サイズにはジュースが付いてきます。小学生以下のお子さんにちょうど良い量です。

我が家の大食いお嬢さん(7歳)は、さきほどのラーメンをほとんど平らげ、このおにぎりもペロリ。最近あなたの食欲が怖いよ…。

この透明度、なんて美しいスープ!塩の笠岡ラーメン

そしてこちらが中華そばの塩(600円)。

うわ~!!見てください、この美しいスープの色!!透明度がすごい。そしてチー油か?ってくらい鶏の脂がキレイに浮いてます。

麺類恒例「箸上げの儀」。

やっぱりこのしこしこの細麺が美味しいです。スープにもよく合っています。「硬め」でお願いしておいて正解でした。すごい美味しい、この麺。

しっかりと食べ応えがあるかしわのチャーシュー。食べ慣れない人だと「固い!」って言うくらいかも。

でも、この噛めば噛むほど旨味が出てくるチャーシューが美味しいんですよ~。これハマったら普通の柔らか~いチャーシューが物足りなくなるのよねぇ。

ちょっと甘めの柔かメンマ。これも自家製なのかなぁ?メンマ好きだわ~。もうちょっと歯ごたえが残っていてもいいかも。

そしてこの黄金色のスープ!!鶏の旨味がよーく出てて美味しい、しみじみ美味しいです。

うん、醤油ラーメンも美味しかったんだけど、わしのおすすめは断然「塩」ですね~。笠岡でもなかなか塩ラーメンって聞かないけど、お隣の浅口市で食べられるとは!

スープもキレイに飲み干して、大満足です。

ほんとに笠岡ラーメンの塩、すごく美味しい!!

もっと広まっても良いと思うなぁ。でもそれには丁寧にスープを作らないといけないから、すごく手間がかかるんでしょうね。

噂に違わず麺屋晴レの塩ラーメン絶品でした!醤油もコクがあって美味しかったんだけど、こちらはもしかしたら好き嫌いがあるかも…?好きな人は好きな味。

あと、子どもたちにってゼリーもいただきました。心遣いが嬉しいです。

それにしても、笠岡ラーメンって奥が深いなぁ…。秋からは笠岡強化週間と勝手に位置づけているので、色々食べくらべしてみようと思います。いまから楽しみ。

麺屋晴レ

  • 住所 岡山県浅口市鴨方町小坂西4227-1
  • 電話 0865-44-8114
  • 営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00(月11:00~15:00 土日祝11:00~20:00)
  • 定休日 火曜日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であまむらをフォローしよう!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけたら嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけたら嬉しいです