浅口市鴨方町「ビストロ・ヴォナ村」おもてなしがステキな人気隠れ家ビストロ。パンも美味!

先日、とってもステキなお店でランチをいただいてきました!
場所は浅口市鴨方町にあります「ビストロ・ヴォナ村」さんです。

前から行こう行こうと思っていたんだけど、定休日だったりなんやかんやでこんなに遅くなっちゃって…。
お店を知ってから苦節8年、やっと行けました!!嬉しい。

噂に違わず、店内もお食事もお洒落でいい雰囲気のヴォナ村さん。

平日だというのにどんどんお客さんがやってきていましたが、人気があるのにも納得いたしました。

おもてなしもステキ!!

赤い屋根が目印!ビストロヴォナ村のアクセスはこちら

鴨方インターを笠岡方面に進み、高速道路の真下の道をずーーと不安になるくらい進みます。

突如赤い屋根の可愛らしいお店が見えてきました。こちらがビストロ・ヴォナ村さんです。

  • 住所 岡山県浅口市鴨方町小坂東2307-8
  • 電話 0865-44-0141
  • 営業時間 11:15~14:00 17:00~20:00
  • 定休日 水曜日
  • 駐車場 あり

こちらのにわとりさんの看板が目印です。
看板だけじゃなくて、お店の中もにわとりさんがいっぱいいるんです~、かわいい。

ちなみに近くには珍しい塩の笠岡ラーメンが味わえるこんなお店も!
浅口市鴨方町「麺屋晴レ」めずらし美味しい!笠岡ラーメンの”塩”が味わえる人気ラーメン店

ランチメニューは日替わり。店内はにわとりがいっぱい

ランチメニューは2種類のメインが付きます。2種類って嬉しいよねぇ~、テンションあがる!!

本日のメインは
スペイン産熟成豚肩ロースのロースト ローズマリー風アッシュパルマンティエ。

なんかよう分からんけど、字面だけで美味しそうやん。

店内もとってもこじゃれているので、沢山写真を撮らせていただきました~!

本当に南仏のおしゃれビストロって感じ。店内の柔らかい雰囲気がすてき。

奥にもテーブルがあります。
だいたい4人がけテーブルが4つ、2人がけテーブルが4つ、カウンター席も4つほど。

満席になるとちょっと窮屈かも。

わたくしたちは窓辺の2人テーブルへ。

さっそくにわとりさん発見!!
なんと備前焼のにわとりさん…なにこの癒し効果。このにわとりさん欲しい。

後ろにもにわとり~♪

お酒の棚にも、コック帽を被ったにわとりさんがさりげなくいらっしゃいます。

壁掛けの絵の中にもにわとりさん!!

「VONNAS」と描かれていますが、ヴォナ村のヴォナなのかしら?フランスのことは分からないわ~。

お店の玄関ポーチに、こんな写真が。
こちらのシェフはフランスの三つ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」でご修行されたそうです。

この沢山のシェフの中でご修行されたのでしょうね。
フランス仕込みのお料理に期待が高まります~!!

ちなみにランチはこちらの3種類から。
もちろんわたくしたちはデザート付きのランチセットにしました。

ちなみにランチは予約不可ですが、コースだと予約できるそうです。

夜のメニューも美味しそう…。
こんなこじゃれたビストロでお食事なんてしたことないわww

還暦のお祝いに連れてきてもらおうかしら(いつなんだそれは)

そうそう、ヴォナ村さんはパンも売っていました。美味しそうなパンだなぁ。

こんなの見ちゃったら、ランチはもちろん「パン」を頼むよね、うんうん。

メインは熱々、サーブのタイミングもばっちり!

まずやってきたのはかぼちゃのポタージュ。
こういうカプチーノみたいにあわあわしたポタージュ大好き!!

オー・プーサン・ブルーで食べたポタージュもこのタイプ。美味。

こっくりとかぼちゃの甘さが際だって美味しいなぁ。甘みは十分あるけど後口すっきり。

ランチはライスがパンか選べますが、パンにして大正解。

このパンが熱々でふっくらしてめちゃくちゃ美味しかったです!

手前のハード系は天然酵母のかほりがふんわりして、噛みしめるたびに旨味が…。あああ、また食べたい。
ロールパンも甘めの優しいお味。こちらも好き~。

パンすごく美味しかったから、今度はお持ち帰りのパンも買いたいくらいです。

そしてメイン2種。
あら!?これストウブとかいうやつじゃないの??初めて見た!!こじゃれてる~!!

なんて思わずキャッキャしたくなるくらいかわいいプレート。

こちらはアッシュパンマルティエ、ミンチとマッシュポテトのグラタン添え。

もうめっちゃ熱々!!
思わず油断して口にほりこんだらしばらく喋られないくらいあっつあつでした(笑)ストウブすげぇ。

このポテトグラタン(すでにポテトグラタンw)、中にミンチがゴッロゴロ入っていてボリューム満点!!
トマトソースも出てきてうまぁ~~。

何このポテトグラタン、めっちゃ美味しい!だいぶ後まで熱々でした。

そしてこちらがもう1種類のメイン、スペイン産熟成豚肩ロース肉のローストローズマリー風

長いけど旨そう!!スペイン好きよ、あてくし。フェルナンデスとかファビエルとか。

スペインの豚肩ロース、いただきます!!サルー!!

お肉柔か~、なんてジューシー!
脂身も全然しつこくなく、むしろ脂身がめちゃくちゃ美味しいです。スペイン素晴らしい。

デザートは3種類。見た目もかわいい!

あーだこーだとおしゃべりしながらのランチを締めくくるのは、もちろんデザート♪
このプレートもステキねぇ。

それにしても…。
いつも思うんだけど、わしってこんなに喋りまくってるのに食べるのめっちゃ早いのはどうして?

こちらは自家製カスピ海ヨーグルトのシャーベット。

ヨーグルトのコクがすっごく美味しい!!このシャーベットお持ち帰りしたい。

こちらはシリアルのケーキ。まさに、パウンドケーキの上にシリアルがかかっています。

なんか珍しいけどサクサクして楽しい!
ちょっとケーキはポソポソしたけど、素朴なお味で美味しいです。紅茶にもよく合いますよ。

食後のドリンクはレモンティ。紅茶(ミルク、レモン)、コーヒーから選べます。

何より感動だったのが
お料理のサーブのタイミングが絶妙だったこと!!

次のお料理まで変な間があったり、セカセカしたりすることってありがちですよね。

その点ヴォナ村さんはホール係の方がさりげなく全体を見渡していて、素晴らしいタイミングでお料理を持ってきてくれるんです。

これって相当なおもてなしだと思うんですよ。何よりお食事がめっちゃ気持ちよくいただけました。

わしみたいな初めてのお客さんにもすごく丁寧だし、そもそも電話したときから好印象だったし…。
これも人気の秘密なのね~。

テーブルのお花もとってもかわいかったです。

ランチは日替わりメニューなのでまた行きたいなぁ、また行くだろうな(笑)。

なんか空間まるごと南仏って感じが素敵。
本格的なのに気楽な雰囲気で、かなりお気に入りのお店になりました。

今度はどんなメインになるのか楽しみ~。いつ行こうかなぁ。

気軽なフレンチだったらこちらもおすすめ。美味しいですよ~。
浅口郡里庄町「オー・プーサン・ブルー」カジュアルだけどお味は本格派!ちょっと優雅なビストロランチ