倉敷市真備町「本格肉骨茶 小巴生(リトルクラン)」あのスープ、あの味もう一度食べたい!!閉店が惜しまれすぎる…

今日はランチの友と、なんと岡山界隈では珍しいマレーシア料理のお店「本格肉骨茶 小巴生」にやってきました。

本格肉骨茶 小巴生」なんて読むか分かります?

ほんかくバクテー リトルクラン」だそうです。肉骨茶っていうのがマレーシアの代表料理バクテーなんだとか。ほえ~。

お友だちはそのまんま、「にくほねちゃって何?」と読んでいましたが(大爆笑)

すっごく好みのお店なのに、もうすぐ閉店してしまうなんて…!!

もっと早くに来れば良かった、わしの(ほとんどない)ネットワークを駆使してお店に貢献すれば良かった…人気ブロガーじゃないこの身が憎い(T_T)

スポンサーリンク

良い感じにアジアの適当さがにじみ出ている「小巴生」の店内

このお店に来るために、はるばる真備町までやってきましたよ。

真備町初めて来たけど美味しいパン屋さんもあるし、田園風景も広がるし良いところですね。

「肉骨茶」、大きく書いてあるから分かりやすい!バクテーって読むんです。

お店の店内です。あ~、イイ。このテーブルとかイスとか、この適当さがアジアって感じで好き。アジアにしてはきれいだけど。

「リトルクラン」の名前の由来もお聞きしましたよ。店長さんが初めてマレーシアを訪れてバクテーを食べたところが、小さな港町「クラン」だったそうです。

クランはバクテー発祥の地。その味に感動して、試行錯誤の上完成したのがこのお店なのだそうです。

そうそう、バクテーはマレーシアのソウルフードで、日本のラーメン屋さん並みにあるんだとか!

へ~、クランかぁ。わしマレーシア行ったことあるけどバクテー食べなかったわ~、とか言いながらお店を見渡すと、なんと

7月17日閉店

の文字が…。へ?嘘でしょ?(衝撃)

なんとこちらのお店、今月の7月17日で閉店してしまうんだそうです…。ということはあと10日ほどってこと…?

さっき店長さんから色々とお話を聞いただけに、なんだかすっごく寂しくなってしまいました(まだ食べてもいないのに)。しょぼん…。

メインは肉骨茶(バクテー)!!マレーシア料理も色々

せっかく来られたんだから、もちろんバクテーをいただきます!!

セットのサラダをトッピングのレタスに変えられるそうなので、変更してもらいました。口コミにレタストッピングがおすすめって書いてあったのよ。

それにしても、メインにデザート、ドリンクまで付いて1、000円ってコスパ良すぎです。くそぅ、もっと早くに…。

おまかせ肉骨茶の他にも、お肉は鶏豚、部位も色々カスタマイズ出来るみたい。

ライスは大盛りもお代わりも無料!!旦那さんも連れてきたい~。

マレーシアの家庭料理や一品料理も色々揃っています。ここ絶対井之頭五郎が好きな店や、ということで満場一致。

メニューを見ながら、五郎さん(井之頭の方、稲垣でもいいけど)は何を頼むかと楽しく妄想。

友だちは「スパイシー春巻き」、わしは「ハマグリのピリ辛紹興酒蒸し」押し。う~ん、どっちも頼みそうだよねぇ。

ここは本当に五郎さんが好きそうな店なんや。

ホロホロのお肉にクセになるスープ!いくらでも食が進む!!

待つこと数分、熱々の土鍋とごはんがやってきました!!

なんか嗅いだことのない、薬膳っていうかスパイスっていうか…とにかく胃を刺激するかほりです!!間違いなく初めましてやね。

小皿にはおしょう油みたいなタレと、生の唐辛子少々、そして青唐辛子の酢漬けをスタンバイ。お肉をタレに付けて食べるみたいです(おねえさんのレクチャーあり)

こちらがおまかせ肉骨茶。ふ~む、このあやしげなスープの色…ドキドキ。

でもなんだろう、いい知れない懐かしさを感じます。ナンプラーの匂いかなぁ。とにかくアジア!!って感じでこれはかなり本格的なんじゃないだろうか。

レタスの下から、お肉の塊がこんにちは。かなり大きいお肉です!!

いやこれ、めっちゃ美味しそうです、テンション上がります!

お肉撮ろうとしたら湯気が!!間違いなく熱々です。土鍋がぐつぐつ言ってるよ~。

こちらは手羽元。最近わしの中ではやりの手羽元です。

お肉はホロホロ、軟骨はコリトロ、最高。最高としか言いようがない美味しさ。

こうやってタレに付けるとまた絶品!!このタレとスープの味付けが相性抜群です、うま~。

生唐辛子はおいておくだけで辛さが伝わる。これ危険なやつやで…でもうまし。

そしてこちらが豚のスペアリブ。お肉が~、柔らかいよ~(涙)

めっちゃスープがしみしみ、お肉が溶けるように柔らかい!!

今まで食べたスペアリブの煮込みの中でダントツNO.1です。ていうかそもそもスペアリブの煮込みをそんなに食べたことなかったけど…。でもうまい!!これだけは確かだ!!

湯葉も入ってた。これが意外と美味しい!!ツルっとしこっと、この食感いいね。

あと油揚げとマッシュルーム、それからトッピングで入れたレタスがやっぱり良いです。

お肉のホロホロさと不意打ちにレタスのシャキシャキ感が妙にはまる。肉骨茶にレタスは必須事項。

そして名脇役がこちら、「青唐辛子の酢漬け」さん。この方がいるといないとじゃスープの味が全然違う!!

「酢漬けのお代わり言ってくださいね~」

と言われて、最初はそんなにかけないよね、とか言ってたのに気が付いたら新しい小瓶がテーブルに置かれてた(笑)どんどん酢漬けを付ける量が増える肉骨茶マジック。

せっせせっせとごはん、スープ、そして肉、と往復していたら、あっという間に完食。めっちゃボリュームある!!お腹いっぱいだぁ。

なんだろう、このスープ。とても一言では言い表すことが出来ない…。

基本は動物系のスープなんだけど、余計な脂分がまったく無くて見た目よりもずっとあっさりしています。

そこに薬膳っぽい感じもするし、ナンプラーっぽい魚醤のかほり、そしてスパイスの風味もあり、初めて食べるんだけどなんか懐かしい。

見た目からもっと甘いかな?と思ったんですけど、ものすごくスッキリした美味しいスープ。ああ、これは食べないと分からないんだよ…。

とにかくアジア料理好きなわしとお友だちは大満足!!でもそんなにアジアンアジアンしていないし、むしろ日本のおでんとか?煮込みに近いものを感じました。

デザートまで美味しい。本当にこのお店が無くなるのが悲しすぎる…

デザートは手作り杏仁豆腐。この杏仁豆腐も飛び上がるくらい美味しかったぞ!!

玉島の某カフェの味に激怒していたお友だちも「うん、いい」と呟いていたので相当だ。

本当に、こんな好みのお店が無くなってしまうのは辛いです。

それならもっと早く行ってみんなに知ってもらいたかった…。いまのわしに孫正義くらいの影響力と資金があれば…。

とりあえずお店は今月の17日までなのですが、肉骨茶はお持ち帰り&冷凍も出来るそうです。

わしは近々また再訪して、かなりの量を買ってこようと思います。あと青唐辛子の酢漬けも忘れずにね!!(マジでうまい、瓶詰め500円)

また店長のおにいさんに、どっかで肉骨茶店やって欲しいなぁ。そうだ、七夕のお願い事にしよう。

本格肉骨茶 小巴生(リトルグラン)

  • 住所 岡山県倉敷市真備町有井108-3
  • 電話 080-4558-9119
  • 営業時間 11:00~21:00
  • 定休日 火曜日
  • 駐車場 あり

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけたら嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけたら嬉しいです